さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2010年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

閉じ込めておきたい

大切にしたいこと
大事にしておきたいこと
言葉にしてしまったら逃げていってしまいそうだから
閉じ込めておきたくなる

けれど、私の大切で大事なそのことを
伝えなければ
守ることは出来ないから

ゆらゆら揺れる時間を
私は過ごす
スポンサーサイト
【 2010/03/26 (金) 】 つぶやき。 | TB(0) | CM(0)

お豆な一日

今日、朝から体調が良ければ、母からもらって放ったらかしにしていた大豆を、とりあえずゆでておこうと、
昨日の夜、大豆を水につけて寝た。

朝、早めに起きて(寝られなかった)、ふっくらした大豆をゆでる。
冷凍してまた使うときに火をいれるため、硬めにゆでる。
火が弱すぎても灰汁が出なくて苦味が残ってしまうので、火加減と灰汁取りに集中…。
なんとか出来た気がする…。

そしてあれこれして。夕方。

連休で閉まっていたお隣のお豆腐屋さんで豆乳を買う(500mlで150円、量り売り)。
前々から気になっていた「豆乳あずきチャイ」にtryしてみたくて仕方なかったのだ。

小豆は「十勝産エリモショウズ」というものらしく、「美味しいよ」と近所の「こだわり食材」のお店で
勧められて買ってあった。

レシピとにらめっこしながら小豆と格闘(?)する。
なにせ「小豆を炊く」ということが初めてなのだ。
ここでも、火加減と灰汁取り、そして砂糖(今回はてんさい糖を使ってみた)を加えてからは木ベラで丁寧に練りながら、集中…というより「無心」。

出来上がりは、びっくりするくらい美味しく出来た!!
これは、「ビギナーズラック」??
温かい豆乳に交ぜることを考えて、これも少し硬めの仕上がりに。


出来立ての「つぶあん」はホントに美味しい。

さっそく豆乳と炊き上がった小豆を小鍋に入れて温めて…。
一口味見。
「そう?!!この味!!美味しい?!!」(自画自賛)

自分で自分が思っていた味を再現できたことにちょっと感動&興奮。
下手っぴだけど、少し写真に撮ってみました。

少しずつ、自分の思った味と「自分の台所」で出会えるようになってきた。
ん…ちょっとだけ前に進めてる気がする。
【 2010/03/23 (火) 】 台所・キッチン | TB(0) | CM(0)

スローペースだけど

お布団で過ごした日から復活するにはちょっと頑張らなきゃ体が動かなくなってしまう。
体の声を聞きながら、ゆっくりゆっくり、日常へ体を戻す。
って。私の生活はものすごくスローなんだけど。

3日間ほど、病院以外、家から一歩も出られなかった。
今日はお天気もよかったので少し散歩。
まだ体は重いけれど動くことでまた思考がはっきりしてくる。

木蓮が満開なのかもう散りかけなのか、
あれ、木蓮ってもう咲いたの?
と思ってしまった。

そういえば、2日ほど前に見たこぶしの木々も満開を通り越してるように見えた。

ソメイヨシノも昨日、「開花」したそうだし…。

やっぱりちょっと地球がおかしいことを実感することが増えた。


帰ってきてから、休憩するつもりが、
片付けているうちに、またトイレを、そして洗面台、お風呂場と、水周りが気になり始め、
2時間ほど夢中で掃除。
(キッチンが残ってしまったけれど)

こういう、いわゆる「家事」が出来るようになってきたことは
私にとっては大きな変化のように思う。

一人暮らしで働いていた頃は、「暮らす」という感覚は無く、「生きる」ために必死だった。
(稼ぐ能力が無かったのだろうけど)
「生きる」ことに疑問を持ったことも一度や二度ではない。

だけど、今、シンプルだけど家族がいて、
「暮らす」って、こういうことなんだなって少し分かってきた気がする。
渇々の自分から搾り出した「夢」ではなくて
私たち夫婦が「ちょうどよく」暮らしていくための「夢」。

そんなことを考えるのがちょっと楽しかったりする。

さて。夕食の準備を始めます…。
【 2010/03/22 (月) 】 日々。 | TB(0) | CM(0)

トイレの神様

植村花菜さんの「トイレの神様」。(話題になってますね。。。)

「トイレには
それはそれはキレイな女神様がいるんやで
だから毎日キレイにしたら
女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで」


いつの頃だか、私もとても小さいとき、母方の祖母に同じことを教えてもらった。
おばあちゃんはそれだけではなく、
「毎日トイレをキレイにしてたら、自分に女の子ができたとき、とってもキレイな女の子になるんだよ」
とも教えてくれた。

それから。
学校で「トイレ掃除」の順番が回ってくると、私は張り切って掃除をしていた。
(家のトイレは私が掃除できる範疇ではなかったから…)
トイレ掃除はみんな嫌がって結局私一人でやっていた。
でも、全然イヤではなかった。
「キレイになれるなら。」

そんな思い出が、この曲を聴くとよみがえってくる。

そして、今。
自分が「キレイ」になれたかはわかんないけど、
やっぱり「キレイ」になりたくて。
当たり前かもしれないけど、毎日トイレをキレイにしてる。

初めまして。

初めまして。みつきと申します。

日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

現在は、旦那さまと二人で暮らしています。
30代後半に突入。。

いくつか「病気」のようなものと一緒に生きてます。
現在は、鍼灸治療(東洋医学)とカウンセリング(投薬治療もあり)・消化器内科での検査・経過観察をしながら、日々を過ごしています。
(診断されてるのは、卵巣のう腫(奇形腫は完治)子宮内膜症・不安神経症(神経症性抑うつ状態)・慢性胃炎<萎縮性胃炎>・逆流性食道炎SSBE・慢性膵炎、頚椎症、頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア

自己免疫性疾患の可能性あり、だそうです。

2007年6月 両側卵巣のう腫摘出手術<開腹手術>(右:奇形腫、左:子宮内膜症性チョコレートのう腫)
2011年3月、内科の精密検査で「逆流性食道炎(SSBE)」の診断を受けました。
2011年9月 8月に16歳からのお付き合いの腹痛発作で12日間入院、「膵炎(軽い膵臓の炎症)」との診断を受けました。
2012年3月 「頚椎症+腰椎ヘルニア」の診断を受けました。
2012年4月 MRCPで、胆泥あるいは胆嚢腺筋腫症があり、膵炎は「慢性膵炎」、との診断を受けました。
2012年7月 頚椎ヘルニアの診断を受けました。

生活のキーワードは「穏やかでありたい(^-^)」です。

今、落ち着いて、自分の体と向き合うことができる環境にいさせてもらっていることに感謝しながら、
毎日を過ごしています。
怒ったり、泣いたりもするけれど。

カフェが大好き。
一人でボーッとできるカフェ。
だんな様と二人でまったりくつろげるカフェ。

そんなカフェを日々探索中。

よろしくお願いします。
【 2010/03/21 (日) 】 ご挨拶 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。