さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2011年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年09月
月別アーカイブ  [ 2011年08月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

経過。

前の記事にお返事出来てなくてごめんなさい。
経過報告。。。

痛みは、お腹の痛みは、ほぼおさまってきました。
担当は、若い女医さんです。

来た日は、激痛とまでは、行ってなかったし採血のデータで膵臓の数値も出ず、単純CT で激しい炎症所見もなかったのだけど、
一応、入院療養計画書は「急性膵炎の疑い」となってました。
処置は、持続の点滴と痛み止め。
また出た、ペンタジン。
その後は、ボルサポ、
その後、レペタン、というのが出てきました。。。
ペンタジンも幻覚兆候があったけど、レペタンは、もっと副作用がキツくて、吐き気、ムカムカ、幻覚兆候、と、最悪でした。。。
昨日は、そのショックなどもあり、
旦那さんと両親と看護師さんと、I先生の前で取り乱して号泣。
取り敢えず、退院して、明日、鍼灸の先生のとこに行きたい、と感情爆発させてしまいました。。。


その後、女医さんから、旦那さんと両親に説明があり、取り敢えず、明日、外出で、鍼灸に行ってもいいので、また、終わったら帰ってきてください、と。。。
ちょっとビックリ。。。

理由。
ほとんど食べられないし、痛みもまだある。
一人で歩けない、→一人でトイレに行けない
家での生活は無理。退院はまだダメです、ということでした。

今日は、少し食べられました。重湯と薄めのお味噌汁。
点滴は、一日一本。
口からとれる量が増えたら、点滴要らなくなりますから、ということでした。

というわけで、今から、鍼灸に行ってきます。
鍼灸に行くから、外出が認められるっていうのは、ビックリしました。。。
担当の女医さんが、鍼灸の先生にお手紙書いてくれました。これもビックリ。。。
スポンサーサイト
【 2011/08/17 (水) 】 入院記録 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。