さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2011年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年10月
月別アーカイブ  [ 2011年09月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

受容。

記憶のつぶやきです。

今の神経科に通いはじめて、一年半ほどになります。
通いはじめて、数ヵ月した頃、
痛みの話になって。

痛みが出るのがホントに不安だったし、何をするにも、不安が付きまとった、
というと、
「その痛みを(私自身を)お母さんに受容してもらっていたら、体は弱くても、痛みをそんなに繰り返すことはなかったと思いますよ」
と、言われて。。。

そうかも、と思ったりしました。

小さいときから、よく風邪を引いて、冬場は一週間のうち、何回学校に行けたか?
っていうくらいで、
具合が悪くて早退したり、熱が出てることがわかると、
母は、とてつもなく嫌な顔をしていました。。。
なんでこんなに体が弱いのか。。。と。

母自体が、いわゆる「嫁姑親戚問題」で自分の居場所が家に無く、
ストレスフルだったという環境もありました。

母自体が家や地域に「受容されてなかった」というのは、私の不調に大きく影響してたなぁ…と、今は思います。
だけど、根拠のない寂しさや、不安、やりきれない気持ちになることもまだまだあります。

母には全く悪気はないし、どうしようもない状況だったけど。。。

母との関係は、この年になってようやく、少し、改善しました。
それは、母自体が自分の居場所を築いて、
気持ちの上で安定してきたから。
その上で、私の痛みの原因がわかったから。
「弱くてもいい、出来なくてもいい」なんて言ったことのない母でした。
無言のプレッシャー。
そういうものが、私の体調に大きく影響してた。
痛みの原因は、それだけではないけれど、
母自体に余裕があったら、
きっと、また状況は違ってただろうな。

と、タラレバのつぶやき話でした。。。
スポンサーサイト
【 2011/09/16 (金) 】 こころとからだのこと | TB(0) | CM(6)
プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。