さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お散歩。

お散歩日記。

旦那さんはお休みですが、家で用事があるため、一人で散歩に出かけました。
今年は今日か明日で終わってしまう、ラバダックを見に行ってきました。

大阪中之島ばら園に浮いてるラバー・ダック。








でっかくて、可愛い~ラブリーな、ラバー・ダックちゃんでした(^-^)

こんなのもいた。。。


場所は、中之島ばら園で秋の薔薇が綺麗でした。
赤バラが美しかった(^-^)


お天気がちょっと怪しくて、体が冷える感じです。
というわけで、温かい紅茶が美味しいです。。。

いつものパン屋さん(ベーカリーカフェ)で、お昼ご飯です。。。
ここの紅茶は、ブラックティーなら、ホットもアイスもお変わり自由。
ホット←→アイスも変えられます。
ドライマウスの私には、嬉しいお店です(*^^*)
トッピングミルクの中身は、温かい豆乳で~す。。。
スポンサーサイト
【 2011/10/30 (日) 】 日々。 | TB(0) | CM(2)

からっぽ。

最近、いろんなことが、だいぶ重たく感じて、
日本語を聞くのがしんどい、と思ったりすることもある。
カフェで、隣の席が全く分からない言葉を話してると、ほっとする。

熱くなりすぎた頭を休ませる方法、何がいいだろう。









般若心経でも唱えてみようかしら。。。
【 2011/10/22 (土) 】 つぶやき。 | TB(0) | CM(4)

口腔外科・3回目。

月曜日は、口腔外科・3回目の通院日でした。

ガムテスト…7mm。
だいぶ、出るようになりました
先生も、だいぶ出るようになったね~(^-^)って。

消化器内科での話をしたら、
シェーグレンを疑われてるし、
この状態で向こうの口腔外科に行ったら、薬を使わないといけなくなる可能性が高くて、
薬を使うと、自分の持ってる力が弱ってしまうから、
もう少し、ここで頑張って、
消化器内科の先生には、経緯・経過を書くので、
その後、必用なら、消化器内科の先生から院内紹介してもらったほうがいいかなぁと思いますよ、
と先生。

う~ん、そうかも、と私も思ったりして。。。

来月の消化器内科の受診のときに、お手紙持っていくので、
I先生ともまた相談、かな。

唾液がよく出たのは、日曜日が旦那さんのお休みで、よく話したし、睡眠もよくとれたから、というのもあるな。。。

あと、最近、体力がついてきたのか、
鍼灸で、置針ができるようになった、というのも大きいかも。
今まで、針を刺して置くということが無理だったのだけど、
ここ2回くらい、できるようになってました。
一番細い針だけど。
ここまで来るのに、2年かかった~(^-^;

まだまだ、良くなるし、ノビシロがあるっていうことは、嬉しいことです
この調子で、またボチボチ、過ごしていけたらいいな
【 2011/10/19 (水) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(0)

朝。

午前9時を過ぎたビジネス街は、通勤の人波が一段落して、落ち着きを取り戻してる。
今日は、口腔外科通院日。
少し早く出て、ビジネス街のほうのパン屋さんで、ちょっと贅沢にモーニング。
朝のカフェスペースは、とっても静か。
ちょっと、気持ちを落ち着けたい時には、
とってもいい場所。

それにしても、1つ隣の町、っていうだけなのに、
雰囲気って全然違うのね。

だから、とってもおもしろい。。。
【 2011/10/17 (月) 】 つぶやき。 | TB(0) | CM(4)

神経科、消化器内科・受診

火曜日は神経科、水曜日は消化器内科の受診でした。
(最近、受診日記しか書いてない??)

火曜日。
口腔外科受診後、初めての神経科受診で、ガムテストetcのことを報告。
不調はあるけど、大きく寝込んだりしてない、という話で、
「不調」っていう言葉がいいね、とY先生。
「病気」って言うとちょっと違う、けど、「不調」なんですよね、その感覚分かりますよ、と。
(Y先生は喘息持ち。)
いろいろと、生活の工夫について話して、
旦那さんの「いびき」についても話し、「一度、睡眠外来に強制的に連れて行くことにしました」
と言ったら、
「それがいいよ、年齢的にも本人に自覚してもらわないとね」
ということで。。。
次は3週後。
(神経科のお薬は、リーゼ・ワイパックス・デジレル各1錠ずつ、寝る前。)




水曜日。
消化器内科も、口腔外科受診後初めて。

とにかく、待ち時間が長かった~…2時間待ちでした。。。
I先生、先週いなかったから、かな~??
3時の予約で、お会計が終わったのは6時前。

話した内容は、

ざっと、
1、大きな痛みはないこと
2、2007年の婦人科術前検査のときの腹痛と採血のデータ
3、口腔外科のこと
4、おたふく風邪の予防接種について
5、乳腺外科検診について

でした。

2.については、婦人科手術を受けることになっていた2007年、持病の腹痛(歩けるけど、かがまないと歩けない感じ)があって、それで、手術を受ける予定の総合病院を受診。
その時は、右の卵巣のう腫(奇形腫)捻転を疑われ、緊急入院・緊急手術と言われ、
術前検査を受けたのですが、
捻転はしてなくて、手術は予定手術になったのですが。。。
その時の婦人科の先生に「でも、お腹痛そうだよね…入院していく??」と言われたのですが、
いつものことだし、と思って、(緊急で呼び出された両親も必要ない、という感じで)
その日は帰ったのですが、腹痛は数日続きました。。。
その時の採血のデータが、実家にあったので、送ってもらいました。
GPTとγーGTPの上昇と、白血球のNeuというのが上昇してました。
I先生は、胆嚢の機能というか、胆汁の流れが悪くなって、お腹の中で何か炎症が起きてた、と思いますね…と。
初めて緊急入院したときも、その後も肝臓の数値は上がってるけど、これで何かが起きる数値ではない、と言われていたけど、こういうことかも??
I先生のところでは、肝機能は上がってないから、大丈夫だけど、
こういうこともあった、ということが報告できたのはよかったかな。

3.は、I先生もちょっとびっくりしてたみたいで、ぐりんとした大きな目が更に大きくなってた気がする^^;
参照:口腔外科受診
参照:口腔外科・再診

そして、落ち着いたらコッチの口腔外科に紹介状書いてもらえるそう、と言ったら、
「それがいいですね、何かあったときには、同じ病院の中のほうが分かりやすいしね」と。
口腔外科の先生に「シェーグレンの可能性」を聞かれたときに、
「ばっちりそう、とは言われていない」と答えたと言ったら、「
それでいいです(笑)」とI先生。
「患者さんによく言うんですけど、消化管は口からお尻まで一本ですから、どこかに不調があると、あちこちに不調が出てくるんですよ~」
ということでした。
で、「口のリハビリってどんなことするの??」と聞かれましたが、説明が難しいので、モゴモゴとパス(笑)

4.は、私はおたふく風邪と水疱瘡をしてなくて、2年前に抗体検査で確認したときに、水疱瘡もおたふく風邪も抗体がなくて、水疱瘡は予防接種をしたんだけど、おたふく風邪はまだしてませんでした。
それで、子どもと接する機会が増えてきたので、大人になってからのおたふく風邪は大変と聞いていたし、ネットで調べても良くないことが書いてあるし、鍼灸の先生とも相談して、
予防接種したほうがいい、ということになって、
I先生に相談。
そして、来月、採血するので、そのときにもう一度抗体検査をして(2年の間に感染してるかもしれないので)、
抗体がなかったら、予防接種することにしましょう、
ということになりました。

5.は、乳腺症の既症があって、以前にエコーをしたときに、
「乳腺が硬くなってて、石灰化してるかな~」と言われていたが、マンモをせずに放置状態。
(私としては、石灰化ではないのでは??と思っている)
今はどうなってるか知りたくて、、、と相談したら、
「お乳はやっぱり気になるものね、院内はすぐ紹介状書けるから書いときますよ」と、
ホントにすぐに紹介状を書いてくれました。
都合のいい平日の午前中に行ってきてね、ということでした。
(子宮内膜症もあるけど、これは、既症を言うと、薬飲め~って言われるから放置でいいです!!と言うと、I先生笑ってた←苦笑??)

こんな感じの受診でした。
とにかく待ち時間が長かった~。
薬は、次の日(木曜日)にもらいに行きました。

お会計は、
再診…410円
薬…1910円
  タフマックE配合カプセル3cup×3×35日
  セルベックス…1日3cup×35日
  ナウゼリン細粒1%0.5×3×10日
  (今回はボルサポ無し)
 
でした。。。




木曜日…風邪ひいた←病院でもらったかも。
生姜紅茶と葛根湯で撃退。
金曜日…腹痛出た~…鍼灸で対処。
今日…昨日よりだいぶ復活。
【 2011/10/15 (土) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(2)

口腔外科・再診

昨日は、口腔外科の再診でした。

診察の前に、顎を蒸しタオルで温めながら、もう一度、ガムテスト。
月曜日よりはだいぶ出てる気がする!!
と思いながら、10分噛む。
紙コップに出た唾液は、前回より増えてました。

それから、少し休憩して、診察。

前回の採血は、SS-A抗体とSS-B抗体の検査でした。
結果は、正常範囲内(=陰性)。

ガムテストの結果は4.5mmでした。
(前回より1.5mm増えてる!!基準は10mm以上)

先生は、採血の結果が陰性だから、シェーグレンではない、とも言えないし、そうだ、とも言えない。
けど、もし、シェーグレンであったとしても、
生活改善(睡眠や食事、顎・口のトレーニングなど)で、唾液は出るようになるんです、と。
典型的なシェーグレンで、唾液が1mmとか2mmだった人も、2,3年後には10mm以上出るようになったんですよ、薬無しで、ということでした。
薬は副作用でるし、使わないほうがいいです、老い先短いご老人ならまだしも、まだ若いしね、
自分の持ってるものを最大限引き出すんです、と。

その後、口の中と外から、先生の指で顎・口(唾液腺のあるところ??)をほぐすマッサージ。
前回よりは痛くありませんでした。
そして、また、少し話して。。。
膵炎の痛みって、痛いものね…それをずっとずっとわからないで来たもんね…それは、グッとこらえることだらけだっただろうし、そうすると、食い縛るもんね…と。
その他のことでも、そういうことがいっぱいあったんだろうね…と。

そして、
お腹に堪えない程度に、生姜や酢の物を摂って、あと、季節の野菜や果物を食べる、美味しく楽しく食べること。
よく噛むこと(まだまだ噛めるよ~、と)
お風呂で歌を歌う、口・顎・顔のトレーニング、
など、またまた、生活のことをアドバイスもらって、
また、再来週の月曜日に来てくださいね、その時は、ガムテスト6mmが目標ね^^
と、いうことで、診察は終わりました。



昨日は、隣の診察台のおじいちゃんもガムテストしてました。
口のカンジタっぽい症状で、かかりつけの歯医者さんに紹介状書いてもらって来たようですが。。。
おじいちゃんのガムテストの結果は、21mm。(凄い…負けた^^;)
そして、ガムテストで、舌の白いカビっぽいのは消えたらしく。。。
そのおじいちゃんは、味覚異常も訴えてました。
おじいちゃん「ときどき、(配ってもらう)お弁当が美味しくないんです…etc」
先生は、「あ~、そうですか。。。その時、周りのかたも、美味しくないって言ってませんでしたか??」
おじいちゃん「はい、みんなそう言ってました」
先生「そうですか。それって、お弁当自体が美味しくなかったのかもしれないですね」
おじいちゃん「あああ~そうかもしれませんね」
という会話があり…。
先生は、「気にし過ぎなくても大丈夫ですよ。今は季節の変わり目だから、データに出ない体の不調も出やすい時期ですからね、季節の野菜を食べて、よく休んで、ストレスを溜めないようにしてくださいね」
と。
その後、おじいちゃんは、安心したようで、笑顔で帰っていきました。

「気にし過ぎなくても大丈夫ですよ」はよくある会話。
でも、季節の変わり目…からは、あんまり聞くことのない会話でした。
「データに出ない体の不調…」
これを「異常なし」で片付けてしまうのと、安心して帰ってもらうのとでは、大きく違う。。。
西洋医学のドクターで、こういう先生は、ホントに珍しいなぁ~と思いながら会話を聞いていました。

東洋医学では、体の症状は、全て「意味がある」ので、もっと突っ込んで、説明があったり、治療があったり、生活養生を教えてもらえたりするのですが…←あんまり知られてないですが…。

西洋医学でも、こういう先生が増えてくれればいいな…と思います。。。

(個人的には、鍼灸師の先生が、西洋医学のドクターの資格も持っててくれたらな…と思いますが…それはムリ!!だって^^;
そして、病歴が長いと、すぐに症状は取れないし、
治療の途中で、新たな症状や、今まで隠れていた症状が浮上してくることは、多々あるそうで…)

西洋医学でも東洋医学でも、先生と患者さんのコミュニケーションってとっても大事だなぁって、改めて思いました。

お会計は、再診・ガムテスト…660円
でした。
【 2011/10/08 (土) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(4)

口腔外科受診。

カテゴリーは、また、追加しないとな。。。

昨日、前回の歯医者さんからの紹介状を持って、
口腔外科に行ってきました。
(消化器内科とは別の病院です)

大きな病院は、やっぱり緊張する。。。

口腔外科なので、中は歯医者さんです←当たり前か。
紹介してもらった先生は、部長先生でした。
最初に、耳下・顎を蒸しタオルで5分間温めた。。。
(最初は意味が分からなかったけど。。。)
その後少し話して、蒸散型ドライアイと消化器の症状を伝えました。
そのあと、口の中と顎関節の診察をして。。。

蒸しタオルの意味は、顎関節がガチガチに緊張してるから、それを緩めるため、でした。

そのあと、「消化器内科と眼科の先生から、『シェーグレンの可能性』を言われてますか?」
と聞かれて、
名前は言われてなくて、ただ、「自己免疫性疾患の可能性がある」とだけ言われてることを伝えました。

それから、実際、どれくらい唾液が出るのか
(出ないのか)
ガムテスト。
(10分間ガムを噛んで出てきた唾液を紙コップにだして唾液の量をはかる検査)

普通に噛んで、出して、を繰り返して10分後。
結果は、3mm。
(普通は、10mm 以上出るそうです)

先生は、「少ない…けど、顎の緊張も凄く強いし、この緊張をとることで唾液が出るようになると思うな。」と。
「シェーグレンかどうかは、採血の結果を見ないとわからないけど、
問題は、シェーグレンかどうかではなくて、唾液がこれだけしか出てないっていうことで、
これでは、やっぱり、お腹に(消化器に)堪えます。」
と。

16歳で初めて膵炎だっただろう腹痛発作があって、
でも、つい最近まで、原因不明とか、なんともない、とか言われ続けたことだけ考えても、
ホントにストレスだったよね…。
そういう不安が、いろんな不調を招いて、
また不安が大きくなっていって。。。そういう繰り返しだったのでは?
と先生。
そうですね。。。と私。

そういう不安が不安を呼んで、過緊張の状態になってる、で、唾液が出辛くなってる、と考えるのが、しっくり来ます。
ということでした。

シェーグレンは…まだ若いし、ないとは思うけど、もしあったとしても、唾液も涙も出るようになるから、大丈夫ですよ(^-^)
と先生。
飲み薬は、飲まないほうがいいし、薬は使わないほうがいいしね、と。

楽しく食事してますか?
よく喋ってますか?
笑ってますか?
鏡の前で、笑う練習してみよっか。
よく噛んで食べてますか?
お豆腐も20回以上噛んで食べるんですよ。
睡眠は、よくとれてますか?
腹式呼吸はできる??
歌歌うのもいいね(^-^)
と先生。

あと、孤独は良くないよ(^.^)と。
(主婦って、孤独ですから。。。)

こういうことを、気をつけて、リハビリしていくと、
シェーグレンの人でも、涙も唾液も出るようになるんですよ(^-^)
だから、大丈夫。
と。

そして、採血の結果をみたあとは、
消化器内科と眼科で行ってる病院で、口腔外科もフォローしてもらえるように、
紹介状を書きますから、大丈夫だからね(^-^)
と。
(さて、先生に何回、大丈夫、と言われたか。。。(^-^;)

あと、紅茶好きだと書いたからか、
「生姜紅茶がいいよ、ここのレストランで言ったら飲めるから、試してみて、もう一度戻ってきてくれるかな」
と。。。

先生は、僕たちの仕事は、病名を付けることじゃないんです。
どうやったら、暮らしやすくなるか、が問題なんですよ、って。

うわぁ、この先生、凄いなぁ。。。ってちょっと感動してしまいました。
いや、だいぶ感動したかも。。。

鍼灸の先生はもちろん、神経科のY先生も、
消化器内科のI先生も、今回の口腔外科の先生も、
何が大事なことなのか、私にとっての生活しやすく、って言うのが何か、っていうのをわかってくれてるのかな…って、ちょっと、嬉しかったりしました。

診察が終わって、採血とレントゲン(口顎周りの)のあと、
レストランに行ってみました。
「生姜紅茶ってありますか?」と聞くと、
「ああ、薦められたんですね、生の生姜をすりおろすので、ちょっとお時間くださいね(^-^)」
ということで、ポットの紅茶と生姜のすりおろしたのを持ってきてくれました。
ちょっと多く生姜を入れてしまったのか、唇の下がちょっと腫れてしまったけど、
なにより美味しかったし、
こういうことを教えてくれる先生って、西洋医学のほうでもいるんだな…って、
なんとも言えない気持ちでいただきました。

「生姜紅茶飲んだら戻ってきてね」と言われていたので、
もう一度、戻ったら、
「どうでしたか?ちょっと、唾液出た気がする?」と先生。
「ちょっと唇腫れてしまったけど、美味しかったです」
と答えると、
「ちょっと刺激が強かったかな、ちょっとずつ入れるんですよ。でも、そういうことから始めて行きましょう(^-^)大丈夫だから。」
と(笑)

今度の金曜日に採血の結果出てるし、
また来てくださいね、
ということで、
初診は終わりました。

なんか、ずいぶん、ほっとして帰ってきました。

あ、先生に体重のことを聞かれて、
いつから体重減ったのかは、
子宮内膜症の治療でピルを飲んでたんだけど、
そのときに副作用で食べられない状態が続いてたけど、体重は減らなくて、
ピルを止めたらガクッと落ちた、と答えたら、
副作用で食べられない状態が続いた、辺りから、( ̄▽ ̄;)。って顔をされてました。。。

お会計は、
診察・ガムテスト・採血・レントゲンで4700円でした。
もっとかかるかと思ったので、それもホットしました。。。
生姜紅茶…350円(HOTポットティーと同じお値段でした(^-^))

~追記~
今回、かかった口腔外科は、今年の1月に緊急で入院した病院の口腔外科です。
診察券が作られてたので、それを持っていったので、
カルテがちゃんとあって、1月の入院のときのことが記録されてたのかな。。。
あのときの外科の先生が、ちゃんと精密検査受けてくださいね、って何回も念押ししてくれたので、
精密検査することになったので。。。
(ホントに精神的なもので痛いのか、体のほうをちゃんと検査して、それで、どれも何もないっていうならいいけど…っていう話をしてました…)
なんだか、そんな気がしたのでした。。。
【 2011/10/04 (火) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。