さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
月別アーカイブ  [ 2011年10月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

口腔外科受診。

カテゴリーは、また、追加しないとな。。。

昨日、前回の歯医者さんからの紹介状を持って、
口腔外科に行ってきました。
(消化器内科とは別の病院です)

大きな病院は、やっぱり緊張する。。。

口腔外科なので、中は歯医者さんです←当たり前か。
紹介してもらった先生は、部長先生でした。
最初に、耳下・顎を蒸しタオルで5分間温めた。。。
(最初は意味が分からなかったけど。。。)
その後少し話して、蒸散型ドライアイと消化器の症状を伝えました。
そのあと、口の中と顎関節の診察をして。。。

蒸しタオルの意味は、顎関節がガチガチに緊張してるから、それを緩めるため、でした。

そのあと、「消化器内科と眼科の先生から、『シェーグレンの可能性』を言われてますか?」
と聞かれて、
名前は言われてなくて、ただ、「自己免疫性疾患の可能性がある」とだけ言われてることを伝えました。

それから、実際、どれくらい唾液が出るのか
(出ないのか)
ガムテスト。
(10分間ガムを噛んで出てきた唾液を紙コップにだして唾液の量をはかる検査)

普通に噛んで、出して、を繰り返して10分後。
結果は、3mm。
(普通は、10mm 以上出るそうです)

先生は、「少ない…けど、顎の緊張も凄く強いし、この緊張をとることで唾液が出るようになると思うな。」と。
「シェーグレンかどうかは、採血の結果を見ないとわからないけど、
問題は、シェーグレンかどうかではなくて、唾液がこれだけしか出てないっていうことで、
これでは、やっぱり、お腹に(消化器に)堪えます。」
と。

16歳で初めて膵炎だっただろう腹痛発作があって、
でも、つい最近まで、原因不明とか、なんともない、とか言われ続けたことだけ考えても、
ホントにストレスだったよね…。
そういう不安が、いろんな不調を招いて、
また不安が大きくなっていって。。。そういう繰り返しだったのでは?
と先生。
そうですね。。。と私。

そういう不安が不安を呼んで、過緊張の状態になってる、で、唾液が出辛くなってる、と考えるのが、しっくり来ます。
ということでした。

シェーグレンは…まだ若いし、ないとは思うけど、もしあったとしても、唾液も涙も出るようになるから、大丈夫ですよ(^-^)
と先生。
飲み薬は、飲まないほうがいいし、薬は使わないほうがいいしね、と。

楽しく食事してますか?
よく喋ってますか?
笑ってますか?
鏡の前で、笑う練習してみよっか。
よく噛んで食べてますか?
お豆腐も20回以上噛んで食べるんですよ。
睡眠は、よくとれてますか?
腹式呼吸はできる??
歌歌うのもいいね(^-^)
と先生。

あと、孤独は良くないよ(^.^)と。
(主婦って、孤独ですから。。。)

こういうことを、気をつけて、リハビリしていくと、
シェーグレンの人でも、涙も唾液も出るようになるんですよ(^-^)
だから、大丈夫。
と。

そして、採血の結果をみたあとは、
消化器内科と眼科で行ってる病院で、口腔外科もフォローしてもらえるように、
紹介状を書きますから、大丈夫だからね(^-^)
と。
(さて、先生に何回、大丈夫、と言われたか。。。(^-^;)

あと、紅茶好きだと書いたからか、
「生姜紅茶がいいよ、ここのレストランで言ったら飲めるから、試してみて、もう一度戻ってきてくれるかな」
と。。。

先生は、僕たちの仕事は、病名を付けることじゃないんです。
どうやったら、暮らしやすくなるか、が問題なんですよ、って。

うわぁ、この先生、凄いなぁ。。。ってちょっと感動してしまいました。
いや、だいぶ感動したかも。。。

鍼灸の先生はもちろん、神経科のY先生も、
消化器内科のI先生も、今回の口腔外科の先生も、
何が大事なことなのか、私にとっての生活しやすく、って言うのが何か、っていうのをわかってくれてるのかな…って、ちょっと、嬉しかったりしました。

診察が終わって、採血とレントゲン(口顎周りの)のあと、
レストランに行ってみました。
「生姜紅茶ってありますか?」と聞くと、
「ああ、薦められたんですね、生の生姜をすりおろすので、ちょっとお時間くださいね(^-^)」
ということで、ポットの紅茶と生姜のすりおろしたのを持ってきてくれました。
ちょっと多く生姜を入れてしまったのか、唇の下がちょっと腫れてしまったけど、
なにより美味しかったし、
こういうことを教えてくれる先生って、西洋医学のほうでもいるんだな…って、
なんとも言えない気持ちでいただきました。

「生姜紅茶飲んだら戻ってきてね」と言われていたので、
もう一度、戻ったら、
「どうでしたか?ちょっと、唾液出た気がする?」と先生。
「ちょっと唇腫れてしまったけど、美味しかったです」
と答えると、
「ちょっと刺激が強かったかな、ちょっとずつ入れるんですよ。でも、そういうことから始めて行きましょう(^-^)大丈夫だから。」
と(笑)

今度の金曜日に採血の結果出てるし、
また来てくださいね、
ということで、
初診は終わりました。

なんか、ずいぶん、ほっとして帰ってきました。

あ、先生に体重のことを聞かれて、
いつから体重減ったのかは、
子宮内膜症の治療でピルを飲んでたんだけど、
そのときに副作用で食べられない状態が続いてたけど、体重は減らなくて、
ピルを止めたらガクッと落ちた、と答えたら、
副作用で食べられない状態が続いた、辺りから、( ̄▽ ̄;)。って顔をされてました。。。

お会計は、
診察・ガムテスト・採血・レントゲンで4700円でした。
もっとかかるかと思ったので、それもホットしました。。。
生姜紅茶…350円(HOTポットティーと同じお値段でした(^-^))

~追記~
今回、かかった口腔外科は、今年の1月に緊急で入院した病院の口腔外科です。
診察券が作られてたので、それを持っていったので、
カルテがちゃんとあって、1月の入院のときのことが記録されてたのかな。。。
あのときの外科の先生が、ちゃんと精密検査受けてくださいね、って何回も念押ししてくれたので、
精密検査することになったので。。。
(ホントに精神的なもので痛いのか、体のほうをちゃんと検査して、それで、どれも何もないっていうならいいけど…っていう話をしてました…)
なんだか、そんな気がしたのでした。。。
スポンサーサイト
【 2011/10/04 (火) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。