さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消化器内科予約外受診。

前の記事にお返事ができてなくてごめんなさい。。。

一昨日の夜、久々に背中とお腹の痛みが強く出て。
フオイパンとセルベックスの追加飲みでは痛みが気になって寝れなかったので、
ボルサポを一つ入れてベットに入りました。

(循環器内科の初診で超緊張して疲れた&なぜか、シャワーのあとの野菜ジュースが堪えた

昨日の朝、やっぱりお腹と背中が重くて、「梅醤番茶」はカップに半分くらいは飲めたのだけど。
朝ごはんに「お粥さん」をほんの一口食べたら。
「イデデッ」となり、その後はお白湯もムカムカ&痛い。
これは、食べるのも飲むのも止めといたほうが無難だ、と判断して、
I先生の外来を受診してきました。
(昨日は、I先生の予約外の日。)

8時半前にタクシーでついたので、内科外来のソファに体育座り^^;
あ~しんど。。。って感じで。。。
8時半に受付があいて、中の用意がちょっと進んだころに、クラークさんに
「あの~…」と声をかけると、
「あ、いつもI先生にみてもらってる美月さんやね…というか、しんどそうやね、横になったほうがいいかな?ベット用意するからちょっと待って」
と、中の看護師さんにも声をかけてくれて、ベットに寝かせてもらいました。

I先生は9時くらいだったかな?
来てすぐにベットんとこに来てくれて、
「どんな感じ??痛い??」と触診。
お臍の上のあたりはそんなに痛くなくて、鳩尾のところ(特に右)が痛みが強い感じでした。
昨日の夜からの経緯をなんとか話して(声を出すのしんどい…)、
「採血とオシッコの検査をして、結果みてみましょうね」
とI先生。
歩けるのは歩けるので、検査は自力で。
あとは、ベットで待つ。待つ。待つ。待つ。。。

I先生の外来は、やっぱり患者さん多くて(爆)
昨日はほかの患者さんも多かったのか、結果が出るのに3時間^^;

途中で、持って行ったお水を一口飲んでみたけど、とたんにムカムカが出て、諦める→グッタリ。

「結果、出たよ。検査は大丈夫やったわ~」とI先生。
いつもどおり、「綺麗~」な検査結果(爆)
けど、飲めないのは事実で。。。
「たぶん、あと半日くらい食べなければ大丈夫ですけど。。。お水が飲めないのが辛い」
とI先生に必死で訴えると(声が出ないので、振り絞る…)。
「う~ん」と悩むI先生…。
「う~ん、点滴しよっかぁ…前は吐き気止め入れてもらったんやったね」と確認して。
輸液500mlとオメプラールの点滴で、絶飲食に耐えれるようにしてもらいました。

12時半の時点で、もうすでに脱水気味でノックアウト気味な私。。。

看護師さんに、「点滴500mlで多いから、お手洗い行っとく?」と言われて、お手洗いを済ませて、
点滴開始でした。

点滴が半分くらい入ったころから、体がちょっと楽になってきて…ウトウト。
ふと、目が覚めたころに、I先生、もう一回見に来てくれて。
「どう??」
と聞かれて、
「だいぶ楽になってきました。」と答えたら、
「よかったわ~、最初、だいぶしんどそうやったもんな。。。けど、ココはグジグジするんやね…」
とI先生。←ちょうど、先生の手が鳩尾のところにビンゴ!!←ウゥっと唸ってしまった私でした^^;
そして、またウトウト。。。
残り1/4くらいのところで、再度、I先生が来てくれて。
「どう?だいぶマシかな??…顔がちょっと楽そうやもんね…」だって^^;
帰れそう?と聞かれたので、
「大丈夫です、帰れそう。」と答えたら、
「よかったわ。次、予約の日、来週に入ってるし、そのときにまた話しましょうね」
ということで。
「それまでに、しんどかったら、土日も救急あるし、来てくださいね」
と言ってもらって、
点滴終了で、タクシーで帰ってきました。
点滴終わって、お手洗いに行って、鏡を見てびっくり。
眉間にしわの跡がついてる!!
そりゃ、しんどそうに見えるわな^^;

家に帰って、「梅醤番茶」をカップに一杯飲んで、お粥さんをお茶碗に半分食べてみたら。
ん~やっぱりじんわり痛い。。。
けど、ギャーギャー言うほどは痛くない。

ので、そのあとは、鍼灸対応で、食べること・飲むことが出来るようになりました。
今日も、鍼灸で昨日の治療の続き。

だいぶ、復活しました。
鍼灸の先生からも、「昨日よりは元気やわ」と言われて。

まだ油断は禁物ですが、ボチボチ過ごします~。。。

大きな台風が来ていますが、被害が最小限でありますように。。。



昨日の点滴中に、もうお一方、腹部の症状で来院、検査結果が綺麗な人がいたみたいで。。。
先生方の会話。。。
「ん~どうしよう…、あんまりギャーギャー言われてもアレやしな。。。月曜日くらいまで泊まっていってもらおっかぁ」
と。。。
これを聞いて笑ってしまった私。
ギャーギャー言えるんだから、元気なんだろうな(爆)
あ~毒吐いちゃった、ごめんなさ~い…(爆)





スポンサーサイト
【 2012/09/29 (土) 】 体調あれこれ | TB(0) | CM(6)

循環器内科初診。

今日の午前中、循環器内科を受診してきました。

クラークさんから教えていただいたO先生、あっさり系(?)の先生な印象。。。

最初、問診票におおまかなことは書いたので、それに沿って話してきました。
※診察の前に胸部レントゲンと安静時心電図の検査あり→所見なし
※聴診→所見なし

(心臓の症状はどんなのがあるか聞かれたけど、自分ではそれが心臓の症状かどうかはわからないので…と前置きをして…)

・血圧測定のときの不規則脈波がよくでること(←I先生から測るように言われてます。。。)
・疲れたときなど、夜や朝方に、胸が苦しくなってしばらくゼーハー呼吸も苦しくなること
・歩いてるときにも、胸が痛くなったり苦しくなったりすることがあったこと
・不整脈(?)で気を失ったことがあること

O先生、血圧手帳をみて、「ほんまやな~…昼から高くなるんやね…美月さん、血圧…これ…」と呟いたので、
「夜に精神科(神経科)のお薬を飲むから、朝は下がってると思います」と私が言うと。
「精神科のお薬なぁ…。。。ん~朝がここまで下がってたら、血圧のお薬はやめといたほうがいいな…下がりすぎるから。」
ということ。
「精神科のお薬をやめたときに、朝の血圧が昼・夜と同じくらい高かったら、飲まんとあかんけど」ということで。。。

そして、不整脈と心臓の検査は、
・24時間心電図
・心エコー
・トレッドミル心電図検査

をすることになりました。

※心エコーはどっちでもよかったんだけど、父方の叔父が拡張型心筋症で50代で亡くなってることなどを考えて、検査することにしました。

検査は10月中旬には終わる予定。

あと、診察の最後に、ずっと気になっている左足先の「振戦」を診てもらったら。。。
(トレッドミル心電図検査、足腰大丈夫??と言われたのでちょうどいいと思って…)
O先生「これは、神経内科やわ~」
美月「神経内科じゃないと言われました。。。」
O先生「え、ほんと~。。。けど、どっちにしても、これは、神経炎で神経が圧迫されて起きてるわ~」
美月「…」
O先生「これ治そうと思ったら、神経切り貼りしなあかんわ~。。。それはちょっとせんほうがいい、というか無理やな。。。目に見えて症状あるけどな…」
美月「うぅぅ~神経切り貼り…」
O先生「うん、これは治らへんわ~…」
美月「…わかりましたぁ…」

ということで、左足の振戦は、やはり「治らない」という結論に。
(夕方行った神経科の先生に報告したら、
「目に見えて症状はあるけど、はっきりした病名も治療法もない、ということですね。。。
受け入れて生きてくしかないね~」ということで。)



私としては、「左足の振戦は治らない」ということがわかったことが、今日の収穫でした。
神経切り貼りなんて、無理無理、絶対無理~…。

検査はまた後日です。

初診・再診・検査でお会計1230円
でした。

こう書いてみたら、けっこう、私のペースで話させてくれた感じ^^;
O先生、ありがとうございます。。。




心臓系の症状は、自分でもグレーでよくわかりません。
ストレスでパニックみたいになって症状が出てる可能性もあるし、軽い貧血みたいなので出てるかもしれないし、膵臓の関係で出てるのかもしれないし。。。
鍼灸でも、心臓系の反応は出てるけど、未病レベルな気もするし。。。
ま、調べておくに越したことはないので、それで良しとしようっと。。。



追記。
左足の振戦、「気になる程度」で済んでるのは、
腰のヘルニアで左足に痺れがあるのと、
感覚も鈍くなってるから、
ある意味、「腰のヘルニアのおかげ」かも( ̄▽ ̄;)。
【 2012/09/27 (木) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(4)

消化器内科予約外受診。

お腹のことではないのだけど、
先週の金曜日に、I先生の診察日だったので予約外受診してきました。

内容は、
血圧測定のときに、「不規則脈派」がほんと~によく出ること。
2年くらい前に、不整脈?(心臓の打ち方がおかしくなって)で気を失ったことがあること。
そのことを、神経科の先生に話たら、血圧のこともあるし、
I先生に相談して、循環器科を受診するように、と言われたこと。

でした。

内科受付の看護師さんに相談して、手首で脈を測って(手首実測というらしい)、
「ん~あるね…」と呟かれ、I先生の診察ファイルにメモを入れて…診察でした。

I先生に、そのまま話たら、
「美月さん、やっぱり循環器受けといたほうがいいね~。。。お薬あるかもしれないし。。。」ということで。。。
(え~お薬は、とりあえず、いい。。。精神科領域のお薬はもう増やしたくないし。。。と思ったのは内緒です)

私が、「もしココ(院内)で紹介してもらえるなら院内で受けたい」とお願いしたら、
「すぐに院内紹介書くからね~」ということで、
来週(=今週)受診できるようにPCで院内紹介を書いて送ってくださいました。
(I先生も1分間脈をみてくれましたが、そのときは出てなかったので、緊急性はないね??ということで)
私としては、なんともない、でいいので、不安は消しておきたい、という気持ちもあったし。。。

そして。。。ほんとは、明日までに受診だったのですが、
循環器内科の先生がたを全く知らない私は、
いざとなってみると、循環器内科の先生とコミュニケーションをとれる自信がなくて、不安になってしまい。。。
悩んだ挙句、今日、循環器内科の受付に電話して、
「話しやすい先生(話が遅くてもせかさない、とか、神経科・精神科を受診してること、とか…)は…」
と相談(←そんなこと言う人、あんまりいないだろうと思うけど…)。
事情を話したら、受付クラークさんが周りのスタッフさんにも聞いてくれて、
診察券番号で名前も確認してくれて、
「木曜日の先生がいいですよ。来週の木曜日でいいので、来てくださいね」
と教えてくれました。

ということで、来週の木曜日、循環器内科、受診してきます。。。

これまでにあった、循環器の不調だと思われることを、書いていこうと思います。。。





【 2012/09/20 (木) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(4)

なぜストレッチャーになるか。

腹痛発作が起きたとき。

タクシーで病院に行く→ストレッチャーで運ばれる
というパターンが多かった私ですが。。。
何故か。

それは、もちろん、お腹が痛くて一人で歩けないのですが、
プラス、過呼吸を起こしてることが多いから、です。

その腹痛が「膵炎だ」とわかってからは、過呼吸はなくなりました。

16歳で初めて、その痛みを感じたのですが、
私は、自分で働き始めるまで、病院に行くことがありませんでした。

両親とも、私が腹痛発作を起こしてることを知っていたけれど、
病院に連れていってくれることはありませんでした。
(両親とも、医療関係者です)

16歳と言えば、高校生です。
その腹痛で、学校を休むこともありました。
友達には、「お腹痛くて学校休むって、よっぽど痛いんやね。。。」
って言われてました。
「歩けないから、学校行けなくて」と言うと驚かれた。。。

もっとも、病院に連れていってもらってないのは、その時に始まったことではなく、
モノゴコロついた時からそうでした。
私は、だから、そういう腹痛は、みんな持ってるものだと思ってた。。。

大人になって、婦人科の病気がわかったときも、
「なんで生理痛くらいで病院行くの!!??そんなん、誰でもあることやんっ!!」(母の言葉)
と怒られた。
子宮内膜症と卵巣のう腫で、手術になった時だったのですが。。。

膵炎の腹痛に関しては、婦人科の手術をしてもよくなることはなく(当たり前。)、
自力で復活することは、難しくなっていって、
どんどん動けなくなって、
痛みが起こると不安が増して、過呼吸を併発するようになっていきました。。。
(結婚した頃から。)




子どもの頃から病院にかかったことがない私は、病院のかかり方も知らなくて、
「検査を受ける」という考えも浮かばず。。。

一人暮らしのときは、会社の近くの診療所で胃薬(ムコスタ)をもらうようになっていましたが、それも効かなくて、
私の感覚がおかしいのかな。。。と思うようになり。。。

その後は、精神症状が酷くなり、
ますます、体の症状で病院にかかることが怖くなり。。。
(精神症状が出たきっかけは、仕事上のことでしたが、その前から不安定ではありました。)

といろいろ書きましたが、
要は、痛みと不安と怖さが合わさって、過呼吸を併発していて、
車椅子も無理→ストレッチャー
になるパターンが多かった、ということです。。。

このことを書こうかすごく迷いましたが、
思いきって記事にしました。。。
【 2012/09/12 (水) 】 こころとからだのこと | TB(0) | CM(4)

風邪気味。

月曜日は鍼灸でした。

月曜日の朝起きたら、首を寝違えてたことを報告。

先生の誘導尋問で、
寝違え+
寝汗をかいた。
便が出にくい。
くしゃみ、鼻水、喉の違和感あり。
↑くしゃみ、鼻水とかは忘れてた。
そういえば、微妙に頭痛もある。

体をみてもらったら、風邪やね~
だって。

寝違えることが珍しいんだけど。

月曜日は、風邪の処置がメインになりました。

なんで風邪ひいたかは、今回はあんまりよくわかんない感じ。
いつも通りの生活だったので。

あ、冷えた桃を一口食べた。。。
それくらいなんだけど。。。
(体を冷やした、という意味。)

いろいろあって、疲れてた、が、自分の体感かな。
夏疲れ、月経疲れ、気持ち的な疲れ。
体力落ちてたね~って感じです。

昨日は復活してたんだけど、
今朝、寝冷えをしたらしく、また、寝違えてた(^-^;
鼻水復活。
ん~、昨日の夜、なんだかお腹痛くって、フオイパン倍のみしたからなぁ。。。
体調よくないんだろうか。

その割に、今朝はスッキリ晴れて、
気持ちはUP。

寝違えは…まだ治らないから、やっぱり風邪はぶり返したような感じ。。。
なかなか体調スッキリなときがないな~(^-^;
【 2012/09/12 (水) 】 体調あれこれ | TB(0) | CM(0)

消化器内科通院日。

昨日は、消化器内科通院日でした。
運悪く(?)月経初日。。。
運良く(?)お休みの旦那さんに家のことをお願いして、ゆっくり休み休み、行ってきました。

3時の予約で、診察室に呼ばれたのは4時20分くらいだったような(笑)
久しぶりに待ち時間が長かった~(^-^;

血圧は、
これぐらいだったら、今はお薬飲まなくて大丈夫やね~(^-^)
ということで。
神経科の夜のお薬も飲んでるし。

血圧手帳には、メモ欄があって、日々の体調を書くことができます。
旦那さんの仕事の時間、月経周期なども合わせて書いてると、
日常がどんなのか、よくわかります。

I先生に、
「血圧を測るようになるまで、朝起きて寝るまで、ずっと何かしてるか、考えてるか、見てるか、で、ボーッとしたことがなかった」
(血圧を測るときは、しばらく安静にしてから測るから)
と話したら、
「血圧測ることで、そういうことにも気づいたし、続けて測っていくことで、落ち着いてくるかもね(^-^)」
と。

時々、不規則脈波(不整脈みたいなの)が記録される時もあるけど、
やっぱり、それは、気疲れとか、体力的にしんどい、とか、そういう時に出るから、
それもやっぱり、疲れてるんだ、と、気づくことが大事みたい。

不規則脈波が出るときは、ほんとに体がしんどいときなので、
さすがに休もう、って思うようになったし。。。

※不規則脈波が続くときは、循環器の受診も考えないと、ですが。。。

あと、前回の採血で、亜鉛が少ない、と言われたので、
FA○CLのサプリを飲んでて、体が楽になってきた、と報告したら、
「次回も採血しなくていいかな~っ」て感じだったのが、
「じゃあ、どれくらい回復してるか、みましょうね(^-^)
いつもの採血とオシッコの検査ね~(^-^)」
となりました( ̄▽ ̄;)。

あとは、おばあちゃんのお葬式で涙が出なくて、そのあと、目がドライアイとアレルギーでしんどくなった話もしたら、
「ん~、やっぱりドライアイ…なぁ。。。」
とI先生。

とりあえず、お腹は最近、大きくは痛くなってないので、
いつものお薬でいくことに。

「夏の疲れを残さないようにね(^-^)」
と、やっぱり優しいI先生でした。

3週後に採血、4週後に受診です。

再診…410円
お薬…10580円
フオイパン-2×3×30日分
セルベックスcup 3×30日分
ベリチーム3×3×30日分
リパクレオン4×3×30日分
【 2012/09/06 (木) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(6)

どしゃ降りの後。

大阪は今日もゲリラ雷雨が一時間ほどありました。

どしゃ降りの後、晴れてから家に帰って、もう一度外に出たら。

うっすら虹が。


5分後くらいにもう一回見たら。




くっきり綺麗に。。。

こんなに綺麗に虹を見られるなんて、
なんかいいことありそう、
と思う私でした(^-^)
【 2012/09/01 (土) 】 日々。 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。