さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スピリチュアルな話?

昨日、いつものパン屋さんで、たまに喋るかわいらしいマダムと、どうやら「チャネラー」らしいお姉さまと、ちょっとスピリチュアルな話で盛り上がりました。

そのチャネラーお姉さまがいうには、
「治したらいけない病気もある」
んだそうです
思わず、「どういう意味??」って、マダムと顔を見合わせました。
それは、「与え与えられのバランスをとるための病気は治したらいけない」ということでした。
いわゆる、難病と言われるものや、精神疾患、名前・説明のつかない病気や症状…。
魂(soul)の部分だそう。
周りに与えてばっかりでも病気になって、
受けとるもの(GiFT)を受け取らないと次の世界にはいけない、という考え方があるそうな。
あ~なるほど。
苦しんだ人から発せられる言葉は、実感がこもってました。。

私たちの持ってる名前や肉体は、魂を包むものであって、
要は、魂がこの世で修行するために、使ってるもの、カバーというか。
この話は、鍼灸の先生ともしたことがあります。
見た目なんて、仮の姿だと。

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」という小説で、
不登校の孫の「死んだらどうなるの?」
という質問に、
おばあちゃんが、死生感を話す、という場面があって、
それがこの小説の核になってますが、
最後、おばあちゃんが死んだあと、
「おばあちゃんの魂、脱出成功」
という言葉が残されます。
死生感って、意識することはあまりなかったけど、「西の魔女が死んだ」の感覚は、私にぴったりだったから、きっとそうなんだと思ってました。。。

昨日の話は、なんだかその本を思い出しました。
名前という「カバー」の付いてる、a soul、というか。

魂の傷が癒えてきたら、体も良くなってくるよ、とそのチャネラーお姉さま。
きっと、そうだな、と思います。
ちゃんと受け取ってる?って聞かれました(笑)
前よりは、たくさん受け取ってるし、何か分からないけど、自分の持ってるパワーの範囲でちょっとずつ何かしたい、
と答えたら、
「何かしたい、と思うってことは良くなってるし、良くなるよ」って。
そして、在るがままでいいねんで、って。
在るがままって、一番難しいよな。。。

私の現世での修行の目的は、傷を癒して、健全な魂を育てる、かしらね(爆)

昨日はちょっと不思議な気持ちになった一日でした~☆
【 2013/01/16 (水) 】 日々。 | TB(0) | CM(2)
No title
>魂の傷が癒えてきたら、体も良くなってくるよ

本当に走だと思います。  難しい問題ですね。

行きつけのパン屋さんとお話ができるようになったのですね、よかったね。
【 2013/01/16 (水) 】 編集
rinkoさんへ。
rinkoさん、こんばんは~^^
難しいけれど、きっと癒えていくだんと思います。
自分の気持ちを知って、話して、体のことも、知って、話して、
人の話を聞いて、共感し合えて、
なんとなく、癒えていくような気がします。
みんな、いろんな経験をして生きてきてるから、
「自分だけじゃないなぁ、同じような思いをしてるのは」
って思えて、心が開けて、気持ちが軽くなった気がするから。
行きつけのパン屋さんにいると、お客さんたちのいろんな話を聞きます。
そして、お客さん同士、そこでしか会わないのに、いろんな話をするようになります。
ほんとに、みんな、ドラマでしかないような体験をしてるんだな、って思います。
そこのパン屋さんは、ほんとにあったかい場所、だから、
そういう人たちが集まってくるのかもしれませんね。。。
【 2013/01/17 (木) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。