さ・ち・ゆ・さ。

みつきの日々のこと。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初診。(消化器内科)

昨日は、総合病院の消化器内科(肝胆膵専門)の初診でした。

2010年の夏ごろから、曖昧な「膵炎疑診」の状態で来たましたが、
(症状は、20年弱…^^;)
1月末に不覚にも入院したこと、その時に「内科の精密検査を受けるように」と外科のDr.に念押しされたこと、
そして、近くの病院に肝胆膵の専門の先生がいらっしゃることを教えてもらったこと、などに後押しされて、
検査を受けるために、思い切って行ってきました。

受診を決めてから、昨日を迎えるまでに、気持ちもいろいろ揺れて、体もめちゃめちゃしんどくなっていて、
鍼灸の治療も間隔を狭めて受けたりしていました。。。

昨日、お話を聞いてくださったI先生。
とっても穏やかで、こちらを傷つけたり心配させてりしないように、
いろいろ言葉を選んで、でも、的確に話を聞いてくださったように思います。

私が持参した、症状の経緯をざっと見て、
「まずは、お腹みせてね」と触診。
最初にぐぃっと押さえた場所は、突き刺さるような鋭い痛みと、
その周りは重い嫌な痛みがありました…。
そして、前の入院に時に、「ここ」と言われた場所も痛みはありましたが、
痛みの種類がちょっと違う感じかな…と。

服を直して先生の話を聞くと、
「痛かった場所は、やっぱり膵臓の場所なんです」と。
そして、ちょっと、継続的に血液検査や画像検査をさせてくださいね…ということで。。。
(膵臓は、なかなか一発ではわからないんです…と)
まずは血液検査と尿検査、腹部エコーと胃カメラMRCPをしますね、ということで、
予約を入れました。
診察の終わりに、先生が一言。
「これから、よろしくお願いしますね」。と。
「あ、はい、こちらこそよろしくお願いします…」とびっくりした私でした…。

今まで出会ったことのないタイプの先生だなぁと…。
一回の検査で何も出なければ、きっと終わりだし、
それはそれでいいや、と私が思っていたので、余計びっくりだったのかも。。。

昨日は、採血と採尿をして、お会計をして、終わりました。
血液検査は、膵臓の項目を詳しくみるので、ちょっとたくさん採りますね~と先生から聞いていましたが、
思った以上に多くて、採血の途中でちょっと「フラ~ッ」となってしまいました。。。

お会計は、初診と検査で7200円…。
(ちなみに、腹部エコーと胃カメラ、MRCPは、全部で、高くても2万円くらいだそうです←もうちょっと高いと思っていた)


終わってから、だんな様に電話。
時間がかかっていたので心配していた様子。。。
そして、触診のことを伝えると、一瞬、テンションが落ちた…かな。。。
「疑診」は「疑診」で変わりないのだけど、
今までの「疑診」とはちょっと気分的に違うのかなぁ。。。


昨日は、そのまま、鍼灸の治療へ。
脈を診た先生が、「どれだけ血ぃ採ったん~!!」と半怒り^^;
昨日は、足にも手首にも、たくさんお灸をしました^^;
血を抜いて、かなりエネルギーが抜けてたみたい。。。
フラ~ッとした後、異様に眠かったはずだ…^^;
ちょっとしばらくしんどいかもね、と先生。。。
お言葉通り、今日もちょっとしんどいです^^;

昨日も早く寝ましたが、今日も早く休もうと思います。。。
自分的には、痛む場所がどこなのか、知ってくれた先生ができた、ということは、どこかホッとしました。
緊急の時に、痛み対処が今より楽になるかもしれない…
そんな気持ちが生まれました。

今朝も元気がなかっただんな様。
明日お休みなので、そんな話もしようと思います。
【 2011/02/19 (土) 】 通院いろいろ | TB(0) | CM(4)
No title
多少本数が多くても採血で取る血の量なんて微々たるものなので
それで貧血を起こすことはない。
実際に目の前で血が抜かれているのを見ていて
気分が悪くなるんじゃないか?←多分西洋医学の常識
なーんて言われるんだけど、
採血量が多いとわかった鍼灸の先生ってすごいね。
旦那さまは「疑診」といいつつも
疑診で何かの間違いであってほしいと思っていたのかな。
でも、膵臓由来であるということがはっきりしたほうが
対処法がわかっていいし、痛いときにいける病院があるのは安心です。
それにしても本当に良い先生だったようで、私も嬉しいです。
【 2011/02/20 (日) 】 編集
No title
美月ちゃん、こんばんは¥^^¥

先生から「これから、よろしくお願いしますね」と言われるなんて(驚e-451
あまりいらっしゃらないですよね。ほんっとビックリです。ちゃんと向き合って診てもらえそうですね。

私は糖尿なので、眼科にも通っているので、半年に一度の診察なのに「来てくれてありがとうございます」
と丁寧にお礼を言われました。
「いや?あの、自分の病気で、こちらに来るのは指示されているからですよ」と思ったのですが、
眼科は糖尿が進まないと異常が出てこないです。
なので異常を発見した時にはすでに遅しなのでしょうね。
そう考えると、定期的に忘れずに病院へ行く患者は珍しいのでしょうね。

元気がなかった旦那様、美月ちゃんのそのお話を聞くと旦那様も安心しますね。e-454
美月ちゃんの体調が良い方向に向いてくるといいですね。e-446
【 2011/02/20 (日) 】 編集
採血量。
あゆさん、こんにちは☆

採血量が多かったのは「脈」の状態を診ればすぐ分かったみたいです。
月経の時も、「血」が抜けていくので、同じ様な脈になるので。
あ。血を抜いたほうがいいような人もいるんですよ。
余ったものを排出する、という意味で。

だんな様には、日曜日の休みに話をしました。
西洋の病院でもきちんと診てもらえる先生と出会えたことは安心材料が増えたと思う、と…。
東洋・西洋のどちらかからみるかだけで、私自身は何も変わってないよ、
と言ったら、心配顔もパッと明るくなりました。
よかった。。。

あゆさん、安心できる病院・先生を教えていただいて、ありがとうございました。
きっと、いろんなことが「よい方向」に向かっていくと思っています。
いろいろあってもi-278
【 2011/02/22 (火) 】 編集
向き合う。
なこちん、こんばんは☆
(なこちん、でもよい??)

今までにホント出会ったことのないタイプの先生でした…。
「向き合ってもらった」ってホント思いましたよ~。

その眼科さんも、なこちんに「向き合って」るんですね。

だんな様、日曜日に話して、顔が明るくなりました。
よかったです。

鍼灸の先生にも、どういうメカニズムで痛みが出るか、教えてもらったし、
きっと体調もよくなっていくと思いますv-291
【 2011/02/22 (火) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みつき

Author:みつき
日々のこと、感じたこと、こころと体のこと、食べること、いろいろ取り混ぜて書き綴っていければいいなぁと思っています。

蝶が舞うリースの時計
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。